日々WASABI

秋田県は大館市の居酒屋のブログです♪ 
日々のお奨めや、ちょっとした出来事など♪

人気の商品(キングサーモンの生はらこ飯)をそのまま巻き寿司に致しました。 イクラで濃厚な味わいに仕上っております。 丸かぶりに食べやすい手頃な中巻きサイズのサーモン親子巻きはいかがでしょうか。 激ウマですよ〜♪ ...

皮目にやや日向臭い香りがあり、これが持ち味、アユのきゅうりの香りに匹敵する。 また歩留りが悪くぜいたくであるが刺身の繊細なうまさは、初夏の爽やかな味わいだ。あっさりとした中に脂が甘く酒を選ぶなら淡麗辛口がいい。 ...

今日のあきのり エロス検索中("⌒∇⌒") …嘘です。。 ...

皮目にやや日向臭い香りがあり、これが持ち味、アユのきゅうりの香りに匹敵する。 また歩留りが悪くぜいたくであるが刺身の繊細なうまさは、初夏の爽やかな味わいだ。あっさりとした中に脂が甘く酒を選ぶなら淡麗辛口がいい。 ...

に、なりました(^.^) まだまだ変わりますよ♪ ...

またの名を「トロボッチ」。タイトルは標準和名。すべて「メヒカリ」である。 甘エビを食べて育つというメヒカリの身は、刺身にしても、ほんのり桜色をした張りのある白身である。 軽い磯の香りが口の中にフワッと広がり、クセはなく、さっぱりした味。 本日久しぶ ...

春の魚といったらサヨリもそのひとつ。この時期のサヨリの味といったら、淡いけど魚の持ち味、味わい深く、それでいて脂があるのか噛みしめると最後の瞬間にとろっとした食感がある 華やかな春の燃え立つような「むんむん」してしかも「心地よい清純さ」は江戸前の仕事で ...

てこね寿司とは志摩地方の郷土料理で、新鮮なカツオなどのお刺身を醤油漬けにして酢飯とまぜた料理です。  志摩の漁師が舟の上で、時間を節約するためにカツオをしょうゆにつけ、酢をうったご飯に混ぜて食したのが始まりだそうです。  魚は鰹のほかに、鯛やヒラメ ...

白身魚の横綱級で、真鯛と共に高級魚の代名詞といえるでしょう。 味だけ比べればひらめの方が人気者でしょう。白身魚なら「ひらめ」と言うファンが多い事は事実です。特に「寒ひらめ」と呼ばれる1〜2月のひらめは、刺身では、最高に美味しいですよ。勿論天然の活け〆です ...

五月も半ばを過ぎ、夏の足音がすぐそこまで迫ってきました。そして稚鮎の季節になりました。 初夏の香りのする稚鮎の天ぷらをご賞味下さい。 活ズワイ炭火焼 甲羅焼き 刺身 ...

クロダイがうまいのは秋から晩春。夏は「かいず(クロダイの幼魚、すなわちオス)」がいい! 外見は真っ黒でも身の色合いはとても美しく、また味もピカイチ!川に上がるためか、ほんの少し臭みが感じられるが、これを気にするのはおかしい。むしろ風味と思える心地よさだ。 ...

携帯サイトの動いてる画像 実は「デコメ絵文字」なんですよ!! えっっ!?知ってました!? ですよね。。 docomoだったら「メニュー」→「画像保存」で選択すると使えます …要らない?? 失礼いたしました〜 ...

白身魚のオムライス♪ 和だねぇ(*´∇`*) ...

店内プチ改装中です 少しずつ少しずつ変わって行く予定♪ 今日もちょっと変わりました☆ 遊びに来てね(^_-)-☆ ...

近頃暑くなって参りました。。 今日は涼しいほうですけどね(σ*´∀`) WASABIのユニフォーム和装になりました☆ 店長 ゆーじ 「JAPONAIS」て店名に付いてますもんね♪ てわけで、和装。。 …安易 ...

この「南蛮海老」というのは北海道の呼び名らしい タラバエビ科タラバエビ属 「ホッコクアカエビが正式名称 純国産の甘えびで標準和名をホッコクアカエビという高級品。鳥取県あたりから北海道までの日本海に多い。生で入荷した甘えびを食べると回転寿司の「甘えび」と ...

ぷりっとしていて、苦みはあるが、むしろこれが味わいとなっている。そして後から来る甘みと旨味が口の中でほどけていき、寿司してもうまい!! 普通は生姜醤油や山葵醤油で食べられる。このあたりではあまり入荷が無い。今日は珍しく入荷! この機会に是非☆ ...

脂が乗り切った大トロ、ほどよく脂の乗った中トロ、このどちらも、マグロ好きにはこたえられないものだ。でも、それだけじゃないのが、クロマグロ(本マグロ)のすごいところ。 同じ脂がのっているにも関わらず、大トロとはまったく異なる味わいが楽しめるハチノミ、1匹か ...

久しぶりの”ゆーじののんびりblog”更新してましたよ☆ mobile pc 見ってね〜♪ ...

初夏の新メニュー♪スタートしました!! 気温の差の激しいこの季節。さっぱりと頂けるものから、じんわりと温まる料理まで幅広く取り揃えてお待ちしております☆ ...

このページのトップヘ